ダイエットを成功させたい女性に「体温」を上げることが絶対不可欠な3つの理由とは?

神戸三宮のお腹痩せ、脚痩せ、むくみ専門痩身エステ「メディカルリンパ ダンテブラ」です。

 

ダイエットをしても昔のように痩せなくなったと感じるあなたは、
もしかするとそれは体温が低いのが原因かもしれません。

体温計を測った時に、あなたの体温は何℃ありますか?

体温が36.5℃以下だった場合、残念ながら痩せにくい体です。

 

今までダイエットで体温のことを考えたことはなかったかと思いますが、
健康的に痩せるためには、体温が36.5℃以上あることが必須条件になります。

メディカルリンパダンテブラでは36.5℃以下の体温は低体温であることをお伝えしています。
正直、驚かれる方が多いですが、それには理由があります。

 

なぜ体温を上げることがダイエットで必須なのか?

 

低体温では代謝酵素よりも消化酵素を多量に使う

 

酵素ダイエットという方法があるように、酵素という言葉は聞きなじみがあるかと思います。

私たちの体の中では酵素が働いていますが、体内酵素は消化酵素と代謝酵素の2つに分けられます。

 

消化酵素・・・口から入れた食べ物を分解する酵素。

       唾液のアミラーゼ、胃液のペプシン、膵液のリパーゼなど

 

代謝酵素・・・代謝に関わる酵素。栄養を腸から吸収し、内臓や臓器へ届けたり、
       身体にたまった毒素や老廃物を輩出したり、免疫力を高めたりします。

 

この体内酵素が最も効果的に働く体内の深部温度が36℃~40℃、体温では36.5℃と言われています。

 

低体温の場合、この体内酵素の働きが弱まり、消化酵素を大量に必要とします。
代謝酵素に回す分が不足しがちになってしまいます。

 

低体温は基礎代謝が低下して太りやすくなる

基礎代謝とは、生きていくために最低限必要な生命活動(内臓を動かしたり体温を維持するなど)に使われるエネルギーのことです。

身体の中で最もエネルギー消費するのが筋肉ですが、年齢を重ねるごとに筋肉は減少するため基礎代謝も低下していきます。女性の場合、身体を冷えから守るために男性に比べ脂肪が多いため基礎代謝は低い傾向にあります。

体温が1℃上がると基礎代謝は約13%アップすると言われています。

たとえば、30代~40代女性の平均基礎代謝は1,170kcalと言われ、
体温維持に必要な熱量は約70%。

1,170kcal×70%=819kcal

 

体温が1℃違うと約13%減少します。

819kcal×13%=106.47kcal

106.47kcalが1日の消費カロリーの差になります。
体脂肪、脂質のエネルギー量は、1 g あたり9kcal、

106.47kcal÷9kcal=11.83g
1日あたり11.83g太る計算になります。

つまり、1か月で11.83g×30日=354.9g、1年で354.9g×12か月=4258.8g

計算上では、なんと1年間に約4㎏太ることになります!
ただ、実際には余ったエネルギーが全て体脂肪に変わることはありませんが、
体温の差によって太りやすくなることはしっかりとご理解ください。

 

低体温だと腸内環境が悪化

私たちは食べたものの栄養を腸で吸収しますが、低体温の場合、この腸に悪影響を及ぼします。
腸には、善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3つの腸内細菌がバランスよくすみついていることが理想的です。

この腸が働きやすい体内温度というのがありますが、その温度が37.2℃。体温では36.5℃以上です。

低体温の場合、腸の蠕動運動が弱くなり便秘になりやすかったり、免疫力も低下するため病気になりやすかったりもします。

同じように食べていても、悪玉菌優位の腸内環境だと太りやすくなったりもします。

腸内環境が善玉菌優位の理想な状態になっているかどうかは、便の匂いや形状で分かります。
匂いは漬物のような発酵性の臭いでバナナ状の黄土色の弁になります。

ダイエットの大敵!低体温になる理由

低体温の1番の理由は、私たちの生き方です。

低体温の原因は、

運動不足による筋肉量の低下
冷たいもの甘いものの摂りすぎ
間違ったダイエット
肉食中心の食事
過度のストレス
身体を冷やす鎮痛剤などの薬
シャワーだけの入浴

などです。
体温をコントロールしているのは自律神経ですが、日々の生活習慣で自律神経が乱れ低体温を引き起こしています。

体温を上げる方法

1.冷たい飲み物・食べ物はできる限り口にしない

冷たいものを体内に取り入れると体内を冷やしてしまいます。
内臓を冷やして内臓機能も低下し、代謝低下にもつながります。

何か飲む場合は常温で飲むことをおすすめします。

2.お白湯を飲む

ダンテブラではお白湯を飲むことを1番推奨しています。
その理由は体内を温めることもありますが、老廃物を体外へ排出しやすくもなります。

3.お風呂は湯舟につかる

お風呂を1年中シャワーで済ませていませんか?

身体を温めて1日の疲れをとるためにも40℃の温度の湯舟に10分以上浸かってください。
半身浴ではなく全身浴で入ってくださいね。

4.食品添加物は避ける

毎日コンビニ食というのは、毎日たくさんの添加物を体内に入れるということです。
食品添加物は、むくみの原因となり身体を冷やしてしまいます。

5.食べ過ぎない

暴飲暴食は、消化で体内の血流が胃や腸に集中して血流が悪くなり、体温が低下します。
腹八分目、できれば腹七分目をダイエット中は意識してみてください。

6.ストレッチやリンパマッサージをする

常に同じ姿勢など体が硬くなって筋肉がこわばっていると血流が悪くなって体温低下につながるため、ストレッチをすることも効果的です。
むくみは身体に過剰な水分や老廃物が溜まっている状態のため、冷を冷やします。
リンパマッサージで老廃物を流すことで体外に老廃物を排出し身体が冷えることを防ぎます。

メディカルリンパダンテブラ式ダイエット:ホット高周波

神戸三宮のお腹痩せ、脚痩せ、むくみ専門痩身エステ「メディカルリンパ ダンテブラ」では、
体温を上げていくために、ホット高周波とむくみとり器の同時施術を活用しています。
この施術の後にダンテブラオリジナルのメディカルリンパマッサージを施させていただいています。
そうすることで、効率よくより凝り固まった老廃物を流しやすい体になります。

ホット高周波は1時間寝ているだけで、体温36.5℃以上に上げていきます。

週1回の施術を1年以上通われている方は、常に体温が37℃近くあり、たまに暴飲暴食されても本当にリバウンドしない体を手に入れている方がたくさんいらっしゃいます。

ぜひ、リバウンドしない健康な体を作っていきませんか?

 

 

太もも・下半身を痩せたい方必見!むくむ理由とむくみの取り方

足を細くしたい!

足痩せしたい!

タイトなパンツを履きこなしたい!

最悪!こんな足自分じゃない!

 

女性なら誰でもい一度や二度、もしくは今も思っている人は多いかと思います。
そうは思ってダイエットをしても足は痩せない。
痩せるどころか太くなってしまったという経験をお持ちの人も多いかと思います。
その結果、スカートを履いたり体のラインの出ない服を着て、
足の太さを隠す洋服を着ていらっしゃる人も多いのではないでしょうか?

 

今回は足痩せダイエットを邪魔する天敵!

むくみの正体・原因、足のむくみを取る方法をご紹介します。

足が太くなる原因の1つ:むくみ~どうして足は浮腫むのか?

むくみって何なんでしょうか?
私たちの体にはリンパ管が張り巡っていますが、その長さは約20万キロもあり、地球5周分ほどの長さがあります。
私たちにとってリンパ管よりも馴染みのある血管の長さはというと、毛細血管も足すと約10万キロです。
つまり、リンパ管は血管の約2倍もあります。

血管には血液が流れていますが、リンパ管にはリンパ液が流れています。
リンパ液は、血管の外へ染み出した血液中の血漿(けっしょう)という成分やたんぱく質が、
全身にはりめぐらされた毛細リンパ管に再吸収されたものです。 
リンパ液は古くなった細胞や不要となったものをリンパ管を通して運びます。

 

分かりやすく、血管とリンパ管の役割から話すと、
血管は、体をつくる細胞の栄養素を運ぶリンパ管は、病原体の感染を防ぐ免疫力を上げる役割と体の中のゴミである老廃物をデトックスして、健康を維持させる役割があります。

むくみというのは、このリンパ管に水分や老廃物が溢れてでて皮膚の下に水分が溜まった状態をさします。

足がむくむとどうなるのか?

足がむくむと血行が悪くなり、細胞に栄養が行き渡らなくなったり、細胞の老廃物が排出されづらくなります。
むくむのは血行やリンパの流れが悪くなっている証拠。つまり、体の代謝が落ちて脂肪が使われにくい状態です。

そして、むくみを放置するとこれがたった1年で脂肪に変わります。
ダイエットをしている人は、ただ食事制限や運動をするだけではなく、むくみ対策も必須です!

足のむくみを取る方法

浮腫んでしまった足のむくみを摂る方法として、
リンパマッサージとストレッチをメディカルリンパダンテブラではおすすめします。

特に簡単なセルフケアとしては、ストレッチが簡単です。

 

黄色の矢印のマークの鼠径部が伸びているのを感じながらストレッチをします。

鼠径部には足のリンパ節である鼠径リンパ節があります。
ここが滞っていると下半身のリンパが滞っている状態になります。

また、お風呂に入るときはしっかりと湯舟に入力もしてください。
浮力で下半身にたまったリンパが流れやすくなります。
お風呂の中で足を心臓にむけて優しくさするのも効果的です。

山岡式メディカルリンパマッサージ~簡単寝るだけ美脚むくみとり器バンビ~

加圧美脚むくみとり器

バンビのように脚を綺麗に細くしようという意味で、スタッフ内ではバンビちゃんって呼んでいます!

つま先→ふくらはぎ→膝裏→太もも→お尻下

の、5段階で圧をかけてくれます。

実はこの5段階エアー分配システムは国内初

兵庫県で取り扱っているのは脚やせお腹痩せ専門のメディカルリンパダンテブラの当院だけ!

3つのモードであなたのむくみを取っていきます。

リフレッシュモード

     足の疲れを取る。
 疲労物質(乳酸)や老廃物を取り除く。

バイブレーションモード

     皮下脂肪を刺激し、脂肪燃焼。
 脂肪をつきにくくする。

エステモード

     レッグライン(O脚、X脚)を整える。
  美脚へ導く。

 

この3種類のモードを順番にしていきます。
セルフケアだけでは出来ない美脚ケアをこのバンビちゃんがしてくれます。

 

まとめ

足のむくみはリンパ管に水分や老廃物が溢れてでて皮膚の下に水分が溜まった状態をさします。
このむくみを取る方法としてはリンパマッサージやストレッチをすることがおススメです。
セルフストレッチやリンパマッサージを1日3回、1回5分するだけでも体は痩せていきます。

メディカルリンパダンテブラでは、セルフストレッチの方法も簡単なホームケアとしてご紹介しています。ぜひ、一度お気軽にお試しの体験をしに来てくださいね。

痩せたくない人は見ないで下さい。ここに、40代からの楽痩せダイエット法が書いてあります。

・痩せたくない人は見ないで下さい。ここに、40代からの楽痩せダイエット法が書いてあります。

 

神戸三宮のお腹痩せ、脚痩せ、むくみ専門
痩身エステ「メディカルリンパ ダンテブラ」です!

ダイエットをしているのに、なぜ痩せないのか?

 

ケトジェニックダイエット

酵素ダイエット

糖質制限ダイエット

筋トレ

有酸素運動・・・etc

今まで痩せようと思って色々なダイエットを試されたことがある方は多いかと思います。

 

一生懸命やっているのに、なぜこんなにも痩せないのか?
もしくは痩せてもリバウンドしてしまうのはなぜなんでしょうか?
それは、あなたが体に関して無知なままダイエットをしているから!
痩せない理由を知って、しっかり改善していくことが必要です。

 

あなたが痩せない理由

①体温が低い

あなたの体温は何度ありますか?
35℃後半の方が最近多いですが、これ危険な体温です。

理想の体温は36.5℃。

低体温の一番の原因は食生活と不規則な生活。
体温が1℃上がれば、基礎代謝は10%~20%アップして、自然と痩せやすい体質になります。

 

②腸内環境が悪い

2013年に世界的な科学雑誌「サイエンス」に、腸内フローラの乱れが肥満体質の原因となるという
衝撃的な研究内容が掲載されました。
腸内環境が悪いと不要なものが外にでず、いらないものがどんどん溜まって太る体質に。
少し便秘気味と放置してはいけません。毎日しっかり食べた量は便として排出されるのが理想です。
 

③リンパが詰まっている

リンパが詰まり老廃物。むくみを放置すれば1年で脂肪に大変身することをご存知でしょうか?
老廃物が溜まれば疲れが残った状態なので、やる気もなくなり動く気にもなりませんよね。
リンパの詰まりをとれば、痩せるだけではなく、お肌も変わり、体も軽くなっていきます。

 

④早食い

よく噛んで食べないと、なかなか満腹を感じず、ついつい食べ過ぎてしまいます。

 

⑤偏食

栄養バランスが悪いとビタミン・ミネラルが不足となり、代謝も落ちます。
たとえば炭水化物を代謝するためにはビタミンB2が必要となりますが、
偏食をしていると不足して代謝されず、どんどん体に蓄積されていきます。

 

⑥水分を取っていない

痩せるためには、体重20kgに対して、水分1リットルを飲む必要があります。
飲むときは冷たい水ではなく、お白湯が理想です。
冷えた飲み物は内臓を冷やし、動きが悪くなります。

女性はただでさえ冷えやすいのでしっかりお白湯で内臓も温めていくことが
体温アップにもつながります。

 

⑦睡眠が足りていない

夜に脂肪を分解する成長ホルモンが睡眠時に分泌されます。
この分泌される時間が夜10時~夜中2時までの間。
この時間帯にしっかり寝ることが大切です。

 

健康的に美しく痩せてリバウンドしない体づくりの3つのポイント

 

リバウンドしない体づくりに外せない3つのポイントがあります!

1)体温を36.5℃以上にする

2)腸をキレイにする

3)リンパを流す

 

メディカルリンパダンテブラはこの3つの軸に重きを置いて
自然と無理なく痩せてリバウンドしない体にしていきます。

この3つを大切にすることで、体から余分なものが排出される体になっていくのです!

腸が綺麗でないとどんなに良いものを食べてもしっかりと吸収することもできません。
リンパが滞っているとその溜まったリンパは1年で脂肪に大変身!

 

食べないダイエットや無理な運動をしてもキレイに痩せない、痩せてもまた
リバウンドするのは、この3つのポイントを押さえていないからです!!

 

ダンテブラではしっかりカウンセリングをして体温が低い原因や便秘、むくみの原因を
見つけていきます。

 

原因は何気ない日々の生活習慣から起きていることが多いですが、
その習慣を急に変更してもなかなか急に体温が上がったりはしません。

 

体温を上げる方法として、ダンテブラではホット高周波に1時間あたって
もらい、内臓までしっかり温めていきます。

体温が高くなれば、腸にとって嬉しい体温になるため
お通じがよくなったり、栄養の吸収もよくなるのでお肌の調子もよくなったりと嬉しいことだらけ( *´艸`)

 

3つ目のリンパを流すために、美脚加圧むくみとり器で下半身に溜まりがちなリンパを心臓へ戻していきます。

美脚加圧むくみとり器では取り切れない部分は、
当院自慢の神業!山岡式メディカルリンパマッサージでスッキリ綺麗にしていきます(*^^)v

 

たった3か月で見た目からもわかるお腹痩せを実現!

 

週1回たった1時間寝ているだけで、3か月後には大変身した自分に出会うことができます。

あなたもお腹やせ・脚やせをしたい場合は、まずはメディカルリンパダンテブラ三宮院で
まずはお試しのご予約を(*’▽’)

 

下半身を全体的に鍛えられるスクワットの正しい方法

スクワットは脚を曲げてお尻を下げる動作によって下半身を鍛えていく動作です。しかし、やり方を間違えると膝や足首に大きな負荷がかかり、ケガに繋がることもありますので、注意して正しい方法を身につけましょう。まず、足を腰幅に開きます。脚の外側の部分が骨盤の一番外側の真下に来るようにし、つま先はまっすぐ前に向けましょう。

 

両手を頭の後ろにあて、頭を後ろに押すようにして姿勢を正し、胸を開きます。背中が丸くならないように、肩を少し後ろ目に引いておきます。そのまま、後ろにある椅子に腰を下ろすように、お尻を斜め後ろに引くように下げていきます。その際に、膝が前に出ないように気を付けましょう。

 

続きを読む »

一時期話題だったロングブレスダイエットの仕組みとは

独特の姿勢と音を立てる呼吸で話題になったロングブレスダイエットですが、これは呼吸そのもので体の奥にある筋肉を使い、体を引き締めよう、という趣旨のダイエットです。肺をめいっぱい広げて空気を吸い込み、それを長く吐き続けることによって腹筋、背筋、胸筋を使い、背骨を取り巻くコアの深層筋(インナーマッスル)を鍛えて天然のコルセットのように組み上げて日常生活の姿勢を正し、腰痛などの予防にも役立つと言われています。

 

また、内腿の内転筋という、一般的な運動では鍛えることが難しいといわれている部分も引き締まり、腿にあるもっとも基礎代謝の効率を上げていく大きな筋肉が育つために、より一層体内の脂肪が燃焼し、全身がすっきりと整えられていくのです。

 

まずその姿勢ですが、背中をまっすぐに保ち、おへその下にある丹田を内側にぐっと引き込むように立ちましょう。背中を後ろにそらせると腰への負担が大きいので、できるだけ直上に向かって頭を立てるようにして保ちます。片足を軽く後ろに引いて内腿を互いに引き締めておきましょう。

 

吐き出す、ことを意識する

 

胸を開き、腕を上に引き上げて胸を開き、大きく息を吸い込みます。その腕を左右に大きく回しながら、腹筋、胸筋を内側に絞るように腕を交差していき、吸い込んでいた空気を口から「ふー!」と強く吐き出すのです。吐き出す時間は7秒程度ということですが、肺活量が多い人はそれ以上かかるかもしれません。吸うときには肺を思い切り広げ、胸筋、胸骨を意識し、前後左右に広げてみましょう。

 

そして吐き出すときには広げたそれらを引き絞り、膝の上までの体の内側の筋肉の隅々をぎゅーっと締めていくのです。また吸い込んだ息を吐きだすときには頬から首、デコルテラインにいたるまで、普段の生活や運動では使われない小さい筋肉も余すところなく使われていくのです。

 

それによって、顔の周りがスッキリし、口元の表情筋が鍛えられるので、口角が上がり、笑顔も活き活きとしてくるようです。また、ロングブレスダイエットのもう一つの効果は酸素の体内への取り込み量が増える、ということです。酸素が沢山取り込まれなければ、そこにある脂肪は燃焼することができません。効率よく燃焼させ、さらに筋肉をつけることによって基礎代謝が上がる、という総合的なボディメイク、ダイエットの方法だと言えるでしょう。

 

また、さらに、朝の寝起きにこれらを実施することによって脳に酸素が回って活動が早くなること、血液循環がよくなることによって肌の艶が良くなる、など、いろいろな副産物的効果も表れてくるのです。

やら なきゃ損! 呼吸を「腹式呼吸」に変えるだけ簡単ダイエット

 腹式呼吸とは、簡単に説明しますと、息を吸うときにお腹が膨らみ、吐くときにお腹がへこむ、私たちが寝ているときにしている呼吸と同じ呼吸です。普段私たちがしている呼吸は胸式呼吸といい、腹式呼吸とは違いお腹が逆の動きをしています。

では、なぜ呼吸方法を変えるだけでダイエットになるのでしょうか。それは、普段使わないお腹の筋肉を意識して使うことで、インナーマッスルを鍛え上げられるからです。するとお腹の筋肉が引き締まりますので、結果痩せることができます。これはほんの一例ですが、呼吸方法を紹介します。

腹式呼吸の方法について

1、正しい姿勢を意識
せっかく正しい呼吸をしていても、猫背であったり首が下を向いてしまったりすると、息が正しく入らず、ダイエットになりません。

座っていても立っていても、あるいは寝ていてもかまいませんが、背骨をきっちり伸ばしましょう。反りすぎてしまってもいけませんので、姿勢が正しい自信のない人は、一度鏡で確認してみたり、人に見てもらったりするのもいいでしょう。

 

2、鼻から吸って、口から吐く
これを、4秒吸って8秒吐く感覚で、回数を決めてやってみましょう。最初はなかなか8秒続かずに、口笛を吹くような口の形で息を続かせようとしてしまうかもしれません。

ですが、なるべくそうならないように、お腹の支えだけで続かせることを意識しましょう。吸うときも吐くときも、自分ができるギリギリまでしましょう。余裕があるならば、呼吸の間に2秒ほど息を止める時間を作ってみましょう。時間に気を取られて、呼吸が浅くならないように注意しましょう。

3、余裕になってきたら時間を延ばす

これも、回数を決めてやってみましょう。8秒でも苦しいと感じるならば、無理して延ばす必要はありませんし、あるいは縮めてもかまいません。ただし、1日にたくさんしても、続かなければあまり効果はありません。時間の目安として、3分から10分できればいいと思います。自分が続けやすいよう、時間を調節しましょう。

 また、腹式呼吸はお腹のインナーマッスルを鍛える以外にも、代謝を良くする効果や、ゆっくり呼吸するだけでもリラックス効果があります。ダイエット目的に限らず、リラックスしたいときなどに2・3回するだけでもいいです。

 すぐに効果は出ませんが、腹式呼吸ダイエットに大切なのは、毎日続けることです。忙しい時に無理をして続ける必要はありませんが、なるべく継続して行いましょう。何週間かでも必ず効果はあらわれてきます。

冷ご飯は太りにくい!?医師が教えるダイエットを楽にする新常識

15

 

体重を落とすにはすぐにはなかなか結果を出す事ができず、食事や運動などと長続きが出来ないで途中で諦めてしまう事になってしまう方達が大半です。

 

日本人の主食でもあるご飯は炭水化物としてダイエット中には食べない人が多いですが、冷えご飯を食べる事で吸収率を抑えて脂肪になりにくくなる効果があります。炭水化物抜きのダイエットをするにはすぐに空腹になってしまいますが、ご飯を冷やして食べる事で満腹感もあり空腹によるストレスがなくなるのもメリットです。

続きを読む »

食生活の改善で痩せられる!食習慣を見直すだけの簡単ダイエット

10

年齢を重ねると、基礎代謝が落ちてくるので、若い頃と同じ食生活を続けていると、少しずつ体重が増えてしまいます。 若い年代の人はスリムな体型を維持するためにダイエットをしたい人がほとんどですし、中高年以降の人は生活習慣病を予防するために、適正体重を維持したい人が多いです。

続きを読む »

店舗一覧
  • 新神戸本院
  • 新神戸駅から徒歩4分

  • Dans Tes Bras | ダンテブラ(新神戸本院)

  • 神戸市中央区熊内橋通7-1-13 神戸芸術センターレジデンス2705

  • TEL 078-200-6555

  • 三宮店
  • 三宮・花時計前駅より徒歩3分、貿易センター駅より徒歩4分、JR三宮駅より徒歩7分

  • Dans Tes Bras | ダンテブラ(三宮店)

  • 神戸市中央区八幡通3-2-5-805 東洋ビル8F

  • TEL 078-200-6236