食生活の改善で痩せられる!食習慣を見直すだけの簡単ダイエット

10

年齢を重ねると、基礎代謝が落ちてくるので、若い頃と同じ食生活を続けていると、少しずつ体重が増えてしまいます。 若い年代の人はスリムな体型を維持するためにダイエットをしたい人がほとんどですし、中高年以降の人は生活習慣病を予防するために、適正体重を維持したい人が多いです。

 

太りやすいと感じている人は、高脂肪でカロリーの高い食事を好んでいる傾向があるので、ノートやメモ帳に食べた物を記録しておくと、ダイエットに役立てられます。 脂肪分の多い肉類やベーコン、サラダ油やマーガリンなどの油脂は控えるようにして、肉類を食べたい時は脂肪分の少ない赤身や鶏のささみ、胸肉などを選んで食べると良いでしょう。油脂は太るので避けている人が多いですが、美しい素肌や髪の毛を維持するためには、ある程度は必要です。  

 

 

大事なのは組み合わせ

 

  油脂類を摂取する時は、亜麻仁油やしそ油、オリーブオイルなどの天然由来成分で作られた商品を選んで、適量を摂取することが大切です。

 

精神的なストレスを感じている人は、甘いお菓子類やスナック菓子、ジュース類などがやめられず、悩んでいる人が増えています。甘いお菓子類やスナック菓子は少量でもカロリーが高いので、食べ過ぎていると痩せることは出来ません。 食習慣改善のために、甘味が欲しい時はあんこを使用した和菓子を少量食べるようにしたり、ゼリーや寒天、ヨーグルトなどの低カロリーなおやつを食べるようにしましょう。

 

若い年代の人だけでなく、中高年以降の人もご飯やパン、パスタ、うどん、素麺などの炭水化物が好きな人が大勢おられます。炭水化物はエネルギーを作り、活動をするために欠かせない栄養素ですが、摂りすぎると太りやすくなります。 白米や菓子パン、うどんなどは、血糖値が上昇しやすく、体内に入ると糖分に変化します。

 

 

炭水化物を摂取する時は、玄米や雑穀米などのビタミンやミネラルを豊富に含んでいる商品を選ぶようにしたり、パンを食べる時は、胚芽パンなどを選ぶと、血糖値の上昇を抑える働きがあります。健康診断で血糖値が高めだと指摘されている人は、糖質制限ダイエットを行うことで、血糖値を安定させて、適正体重を維持しやすくなります。

 

食習慣改善をしたい人は、緑黄色野菜や大豆食品、魚類、卵などをバランスよく食べる必要があります。夜遅く食べる習慣のある人は、太りやすくなるので、午後の8時以降はなるべく飲食をしないようにしましょう。ダイエットを成功させるためには、腹八分目を心掛ける必要があります。

 

たくさん食べて、楽してやせたい・・・という方は当店が強い味方になります笑


ご予約はお電話またはメールにてお受けしております

lp3

店舗一覧
  • 新神戸本院
  • 新神戸駅から徒歩4分

  • Dans Tes Bras | ダンテブラ(新神戸本院)

  • 神戸市中央区熊内橋通7-1-13 神戸芸術センターレジデンス2705

  • TEL 078-200-6555

  • 三宮店
  • 三宮・花時計前駅より徒歩3分、貿易センター駅より徒歩4分、JR三宮駅より徒歩7分

  • Dans Tes Bras | ダンテブラ(三宮店)

  • 神戸市中央区八幡通3-2-5-805 東洋ビル8F

  • TEL 078-200-6236